2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

« 2008年1月 | トップページ | 2008年7月 »

収録@OHK

 議会が終わると、「今議会を振り返って」と題し、県政討論会が行われてテレビ放送されます。

 今回のメンバーは代表質問をした3名(私を含む)ともう一人。本会議終了後、森林議連の会議中を抜けて、一緒にテレビ局に向かいました。

 今回の収録は、私の地元学南町にあるOHKさん。

 行くといきなり、メイクをさせられた。前回収録を経験した他局ではしなかったので、初体験。何か妙な気分だ。

 進行役はスーパーニュースでおなじみの堀アナウンサー

 一人の持ち時間は2.5分を1回、1.5分を2回という段取りなのですが、私は今回も原稿を用意。それに目をやりながら必死にとにかく堀アナに向かってしゃべっている感じでした。

 他の三人は4期以上のベテランで、よく見ると手元には簡単なメモ程度のことしか書いてありません。受け応えも実に堂に入っていて、貫禄の違いを感じます。

 それでも今回質問で取り上げたヘリコプターの問題も指摘し、最後には県民に分かりやすい議論が必要だ、と締めくくり収録を無事終えました。

 まだまだの出来ですが、よかったら見てやってください・・・

  県政討論会放送日  7月11日(金) 15:00~15:30

          再放送  7月12日(土) 11:00~11:30

  

なぜ今ヘリコプター?

 HP復旧しました。お騒がせしました。

 さて、27日は6月議会の閉会日。この日は議案の採決があります。

 何といっても注目は「消防防災ヘリコプター」です。先ごろの2月議会で予算は通っていますので、今回は買って良いかどうかを問う議案です。何せ機体本体を含め18億1千万円、毎年の維持管理経費は2億円以上かかる代物。

 ヘリコプターの必要性について、否定するものではありません。しかし、財政危機宣言をした今、立ち止まって考え直す必要があるのではないか、と私たちの会派では継続審査を主張しました。

 当初総務委員会では継続審査という結論になり、良識ある判断だなと思っていたら、本会議では一転、総務委員長の報告が否認され、ヘリを購入する議案が通ってしまいました。

 委員会と本会議で採決の結果が異なったのは、89年2月議会以来だそうです。

 採決時に退席する議員もおり、いつもと感じが違う6月議会でした。

トラブル発生!

 何事かというと、ホームページが・・・見られなくなってしまったのです。

 自分で内容を更新しようと試みたのですが、失敗したようです。生半可な知識で適当にやってしまっては、やはりだめですね。

 アクセスしていただいてビックリされた方、申し訳ありません。

 早急に復旧させますので、しばらくお待ちください。

 ちなみにこのブログは大丈夫です。

 

財政、財政、財政

 一般質問は17日から20日にかけて行われました。

 自分は質問が終わっているので、心を落ち着けて(?)聞くことができました。

 取り上げられるのは、やはり財政問題が中心です。どうしても同じような質問になる部分もあり、そのたびに同じ答弁が繰り返されます。

 中には視点を変えて、「なるほど」という質問をされる方もいて勉強になったのですが、それでも答弁はそっけないものが多かったと思います。

 これから議論していくので、知事の口からあまり具体的なことは言えない、ということなのでしょうか。

 9月議会までに具体的な内容が出てくるとのこと。ほぼ毎年同じような事務見直しはやっています。今回さらに乾いたぞうきんを絞るように見直しを行うことは、果たしてどこまで可能なのか疑問も残ります。いずれにせよ現場は大変です。

 私も議員としてこの問題に立ち向かわなければなりません。

 議論の中身は多岐にわたりますが、しっかり勉強して自分の考え方を整理したいと思います。

 皆さんのご意見もお聞かせいただけたら幸いです。

 

同窓会×2

 大阪にいる高校の同級生が、学会で岡山に帰ってくるという連絡があり、久しぶりに会うことにしました。彼は高校卒業後大阪の大学に行き、医者になったのですが、最近独立開業して頑張っているとのこと。

 せっかくなので、当時応援団で一緒だった同級生に声かけて集まってもらうことに。社会人になってからほとんど会ったことがなかった人もいて、楽しい時間を過ごしました。

 話をするのは、同級生の消息や恩師の話、そして当時の思い出話。あんなことがあったとか、そんなことがあったの、と驚いたり笑ったり。

 実は、中学校の同窓会も同じ時間帯にあると連絡をもらっていたので、中座して覗いてみることにしました。

 こちらは実に30年ぶりです。すぐ分かる顔もあったけど、自己紹介してもらって、やっと分かる人も。懐かしさがこみ上げきます。もっとゆっくり話もしたかったのですが、1時間ほどで退席。

 どちらの会でも、「応援してるよ」「がんばって」と声をかけられ、本当にありがたい。同級生って良いものですね。

 その時の自分がいて、今の自分がいる。そのことをシミジミ感じた一夜でした。

 みんな、ありがとう! また会いましょう!

代表質問しました!

 午前の部が少し伸びたため、再開は1時20分からに。

 議員になって初めての代表質問をしました。代表質問は会派の代表が県政全般にわたって行う質問で、3つの会派が行います。つまり1議会で3人しかできないのです。

 ここまで会派の皆さんにお世話になりながら、県政全般にわたる質問を準備。財政課ともすり合わせを終え、原稿もばっちり。(ちなみに県議会での質問の取りまとめは、財政課の優秀な担当者がしてくださいます。)

 議長に「3番、高原俊彦君」と呼ばれ、いよいよ登壇です。

 今回はさすがに緊張したのか、ボタンで上げ下げができる原稿台を上げ忘れ、「何か原稿が遠いな」と思いながらの質問でした。

 事前に原稿を読んだ時には4分ほど余ってしまったので、ゆっくり話し始めました。途中まで順調だと思っていたのですが、最後の方になってちょっと時間が足りなくなり、早口に。

 さすがに50分しゃべりっぱなしで、時間を合わせるのは難しいです。傍聴においでいただいた皆さんも、50分は長いなあという感想をおっしゃっていました。

 さて、答弁はどうだったかというと、前向きなものもあり、??の部分もあり。(内容は追々ご報告します。)

 しかし、何とか無事終えることができました。

 傍聴に来て下さった皆さん、テレビで見て下さった皆さん、ありがとうございました。

 こちらでそのうち録画中継が見られますので、傍聴に来られなかった皆様もどうぞ。

代表質問します。

 9日から6月議会が始まりました。

 今回の議会は、突然出された「財政危機宣言」に対する議論が焦点になります。分かっていたはずなのに、なぜこの時期なのか。唐突とも思える宣言を出して、なぜ危機感をあおるのか。疑問は深まるばかりです。

 私は今回代表質問を行います。私たち「民主・県民クラブ」は9名の会派ですが、毎議会ごとに一人だけ代表質問ができます。代表質問は、一般質問が20分に対して50分間の質問時間。ただし、再質問はできないルールになっていますので、言いっぱなしなのが残念ですが、頑張ります。

 私の代表質問は12日木曜日午後から。開始時間は、午前中の様子にもよりますが、概ね13時ごろからとなります。

 お時間がある方は、傍聴に来ていただければ、励みになります。おいでになる際は、こちらを参考にしてください。

 また、議会はインターネットでも中継や、録画を見ることができます。議場まで来られない方は、是非こちらも覗いてみてください。

小沢一郎。

 民主党の小沢代表が、岡山にやって来ました!

 来るべき衆議院選挙に向けて、連合の皆さんと懇談を行うのがメインだったのですが、時間をとって、市内の老人保健施設を視察してもらいました。

 視察後の懇談では、私が進行役で老人保健施設の皆さんから話を聞かせていただきました。介護報酬の低さゆえ十分な給料が職員に払えないこと、職員の確保自体も難しくなっていることなど切実な訴えに、代表も真剣に耳を傾けていました。

039 

 景気が多少良くなっているのか、介護の現場から人が離れていっている現状は深刻です。このままいくと、医療や介護の現場は慢性的な人手不足に陥ってしまい、必要なサービスが受けられない事態になりかねません。

 まず、仕事として正当な評価をしたうえで、その評価に見合った処遇ができるようにしなければ、介護・医療の将来はありません。

 改めてそのことを強く感じました。

 ちなみに小沢代表は、誰とでも記念撮影に応じてくださり、とっても気さくでした。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年7月 »