2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

« ここ最近、勉強してます。 | トップページ | 霧ケ峰から善光寺 »

諏訪湖より

 今日から2泊3日の予定で、生活環境・保健福祉委員会の県外調査です。

 議会では夏のこの時期、各委員会とも県内や県外の調査に出かけます。昨年は北海道だったのですが、今年は長野県にやってきました。

 朝新幹線で岡山を発ち、名古屋から長野入りしました。途中激しい雨が降っていましたが、昨日までの暑さはどこへやら。大変すごしやすい一日となりました。

 初日は安曇野市にある「長野県立こども病院」を視察。ここは15年前に小児総合医療病院として開設されました。いわゆる総合周産期母子医療センターも併設し、ヘリ搬送を含め県内全域の小児重症患者を受け入れています。全部で163床ですが、新生児病棟42床のうちNICU(新生児集中治療室)21床、GCU(継続保育室)21床となっています。 

Img_12911_2  長期入院患者のための家族滞在施設も運営されており、専門施設も充実。

(外観です。)

 ここ10年間の長野県における乳児・新生児死亡率は、全国最低レベルだそうで、この病院がそれに貢献しているだろうと容易に想像できます。

Img_12861 (入り口には小さな車椅子が。)

 全国的にNICUは慢性的に不足しており、専門医師も足りないそうですが、院長の話によると、ただ単にベッドを増やせば解決する問題ではないとのこと。院内での転科や地域の病院への転院など「出口」の問題を解決することが重要だとおっしゃっていました。このため、地域の周産期医療施設とのネットワーク作りや医師・看護士等の育成にも力を入れておられます。

Img_1289_2

(NICUの一部です。)

 聞けばこの分野は、山内逸郎氏の功績もあり、岡山が先駆的であるとのこと。長野に来て改めて岡山の良さを再認識した次第です。

 今夜の宿は諏訪湖のほとりのホテル。夜になり上着がいるぐらい涼しくなりました。明日も朝からがんばります。

 

« ここ最近、勉強してます。 | トップページ | 霧ケ峰から善光寺 »

県議会」カテゴリの記事