2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »

「財政」議会開会

 9日から9月定例会が始まりました。

 議会の初日は、議案が上程され、知事の提案理由説明がありました。

 今回の焦点は大きく二つ。財政構造改革プランとチボリ公園です。

 財政構造改革については、新しい行革大綱を作ると表明されました。

 今の改訂第3次行財政改革大綱は、2003年11月にできた第3次大綱を2005年12月に改訂したもので、取り組み期間は2010年3月までです。

 今回の知事の表明は、1年以上前倒しして大綱を新しくするということです。

 この行革大綱ですが、2005年に改訂した時には、実に5ヶ月かけて議論をしています。しかも、公募委員を含む10名で構成する新行財政推進委員会を3回開いて意見をいただき、最終的に12月議会で議決をされています。

 前回の行革内容を大きく上回り、県民の皆さんへの影響も大きいものですから、同様の委員会を設置したり、広く県民の皆様の意見を聞きながら、前回以上に丁寧な議論が必要だと思います。

 チボリ公園については、これまでの「総括」が示されました。

 しかし、お聞きした限りでは、単なる経過報告といった内容でした。「責任を痛感している」と陳謝はされましたが、こうした結果に至った原因の究明や分析がなく、景気が悪かったから仕方ないんです、と言わんばかりです。

 第3者委員会を設けて議論するとのことですが、何に焦点を当てて議論するのかが良く分かりません。

 今回の財政構造改革プランには、「公の施設」の見直しや外郭団体の見直しも含まれているわけですから、「チボリ公園」とは県政にとって何だったのかをきちんと総括しないと、また同じ過ちを繰り返すことにならないでしょうか。

姫井さん そして首相辞任

驚くことが多い昨今。

昨年の参議院選挙の勝利以来、議会での活動よりも場外での出来事に注目が集まっていた姫井さん。このことについて、私たちは本当に数多くのご批判を頂いてきました。

そして今回の離党、復党騒動。どうなっているのだ、という思いは正直あります。

なにより、民主党を応援してくださっている皆様に、申し訳ない気持ちで一杯です。

昨年の夏、投票していただいた451185人の皆さんの想い、その原点にたち返って、我々も真摯に反省しなければなりません。そして、国民の皆様のために汗を流す姿を見ていただいて、信頼回復に全力を挙げなければならないと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

これもアッと驚いた福田首相の辞任会見。こんなときに投げ出すなんて。。。

「ねじれ国会」は、ある意味民意が反映された結果ですから、そのことを理由にするなんて国民を軽く見ていると思います。

いずれにせよ、早く解散・総選挙を行って、国民が意思表示できるようにすべきです。皆様はどう思われますか?

代表質問

9月議会が月曜日から始まります。今回わが会派は、11日午後から一井県議が代表質問に立ちます。

この議会の大きな課題は、もちろん財政構造改革プランについて。

今回の議会は、県民や職員に負担増を強いるこのプランの是非を問う議会であり、活発な論戦が予想されます。

代表質問では、私が給与や人事制度などといったところの草稿をしました。一井さんがずいぶん苦労しながら良い質問にまとめて下さっていますので、是非聞いてやってください。

今回の議会は、財政問題が集中して議論されることでしょう。本来なら私もやりたいところですが、枠もあるので、12月に回ることにしました。言いたいことは山ほどあるのですが・・・

財政構造改革プラン

 気がつけば1ヶ月ご無沙汰しています。

 8月27日に「岡山県財政構造改革プラン(素案)」が常任委員会に提出されました。

 財政危機宣言を受け、来年度以降4年間の歳出カット策などを示したものです。

 それによると、人件費・内部管理経費で約130億円削減、歳入確保で約140億円確保、行政経費の削減で約130億円(うち一般行政施策は118億円)削減。これだけで約400億になります。

 今年度の予算が6800億円あまりですから、一般行政施策の118億円は約3%の削減になります。 

 しかし、何と言っても今回の大きな特徴は、それとは別枠となる約140億円に及ぶ給与カットです。

 当初は人員削減をメインにして、臨時的に給与カットをする話だったと思いますが、ふたを開けてみれば、給与カットは現行の三倍にもなり、全体の中で大きなウェイトを占めていました。

 平均で9.5%削減。大阪を上回る「全国で最も厳しい水準」だそうです。大阪の橋下さんは知事になったばかりなので、立場は違うと思うのですが・・・

 計算上12ヶ月のうち、なんと1ヶ月はタダ働きになるってことです。

 こんなんで仕事をやる気になる人は、なかなかいません。事業も先細りをしていって、将来への展望をどう持てばいいのか、難しいところです。

 また、子育て中の人にとっても、本当に厳しい内容です。

 こんなことがそのまま通ると、これから県職員を目指そうという人さえいなくなるのではと心配になります。

 皆で真剣に考えなくてはなりません。

« 2008年8月 | トップページ | 2009年1月 »