2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »

明日のために

 いよいよ明日から統一自治体選挙が始まります。

 今回の県議会議員選挙は、岡山市が政令指定都市に移行して初めて行われる選挙となります。岡山市においては、市民に身近な業務の大半が市の業務に移管され、県の役割が見えにくくなっているのも確かです。

 しかし、今回起きたような震災への対応や防災・危機管理などで県の果たすべき役割は再認識されたと思いますし、これからの地域主権の進展により、広域自治体の果たすべき役割はますます増えるものと確信しています。

 また、岡山市の現状を広域的な視点から捉え、県や市の施策に反映させていくことも必要です。

 しかし、地方議会の現状が、それに応えるだけの状況なのかどうか疑問です。質問戦にも緊張感を持たせる仕組みづくりや、県民にも分かりやすい議会運営や議員活動を行っていかなければなりません。

 世情は選挙ムードではありませんが、4年に1回の大切な選挙。議員からすれば政策を訴えるチャンスでもあり、有権者からみれば自分たちの代表を選ぶチャンスです。

 私も正々堂々と訴えながら、議会改革の必要性や県政のありようを問うていきたいと思います。

 ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 残念ながら期間中のブログの更新はできません。

 10日後に良いご報告ができるよう、がんばって参ります。

ツバメです?

以前にご報告した事務所軒下の鳥の巣ですが、ついに住人をカメラに捉えることができました。

20110328220402まさしく「つばめ」だと思ったのですが、調べると本当は頭全体が黒いらしのですが・・・

誰か分かる方、教えてください。

    ☆   

春分の日も過ぎ、随分暖かくなりました。被災地の映像を見ると、早く東北にも春が来ればよいのにと願うばかりです。

あと三日で4月。いよいよ9日間の選挙戦が始まります。

今回の選挙では、街頭宣伝の自粛などが話題となっています。「どうするの?」と聞かれることも多いのですが、私は、特に街頭宣伝を止めることは考えていません。

もちろん一定の配慮は必要でしょうが、4年に一回の機会は大切にしたいと思います。

選挙では政策を中心に皆様に選んでいただくわけですが、残念ながら現行制度で政策を訴えることができる機会は、街頭演説か個人演説会ぐらいしかありません。県議選では選挙公報はありませんし、自らの政策を書いたチラシを配ることさえもできません。

こうした有権者の視点に立った選挙制度改革や議会改革についても、しっかりと訴えていきたいと思います。

ボランティア

16年前、私は阪神大震災から3週間たった兵庫県にボランティアとして入ったことがあります。加古川を拠点にしていたのですが、建物の被害など街の様子は、まるで映画を見ているようで現実のものとは思えませんでした。

その時の作業は、支援物資の仕分けなど。当時は全国からあらゆるものが届けられており、必要かどうかに関わらず、保管場所が山のようになっていました。

阪神大震災の年は「ボランティア元年」ともいわれ、ここでの実践の蓄積が、その後の様々な災害対応に大いに活かされています。

「今すぐにでも駆けつけて助けたい」。その気持ちは大いに理解できますし、自分もできることならそうしたい。

でも、今はまだ自己完結で周りの世話にならずに行くことができる人たちが活動の中心です。これからできることも増えるので、それまでは義援金や必要な物資を送るのが一番です。

被災者にわたる義援金のほかに、現地で活動するNPOなどに対する活動支援金などもありますので、良く理解して支援をしましょう。

ちなみに民主党では義援金を募集しています。民主党岡山県連のホームページをご覧ください。

岡山県からも、防災ヘリが派遣され活躍しているほか、県警察、消防、保健師さんなど多くの皆さんが被災地に赴いています。是非健康に留意され、私たちの分まで活躍されることを願っています。

リニューアル!

このたびホームページをリニューアルしました。

残念ながら内容はあまり変わっていないのですが、心機一転!です。

是非お立ち寄りください。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »